乳癌学会でブースを出展しました

第25回日本乳癌学会「外科医師を守る会」ブース出展の報告
【会場】 福岡国際会議場
【日程】 2017年7月13日(木)~15日(土)
【出展者】「外科医師を守る会」 弁護団と事務局がブースに常駐

会場の福岡国際会議場

【ブースの活動】
①これまで支援をしていただいた方へのお礼と事件の説明、
②お礼状と事件の概要をのせたパンフレットの配布。
③募金のお願い。
初日は資料配布20部、募金数千円。お世話になった医師が会場にいた関係者に広く声をかけていただいたおかげもあり、最終的には資料配布約100部、募金は20万円余集まりました。ご支援ありがとうございました。

【ブースに寄っていただいた方の声】
事件に関心があり心配していた。病室の様子を聞いただけでもありえない話です。
どこで発生してもおかしくないので他人事ではない。医師は今どうしているのですか。
なにか協力できることはありませんか。などの声を寄せていただきました。

【最後に】
一人の外科医師に起きた理にかなわない事ですが、どの乳腺外科医に起こりうることです。
このままでは医療界、結果的に患者さんにも大変な不利益を被ることになりかねません。
今回の出展を了解していただいた学会関係者の方々、ご支援して頂いた先生方にあらためて感謝申し上げます。ありがとうございました。

ブース出展フロアの様子
写真右下は募金箱

裁判の進捗

2016年11月30日、東京地方裁判所において初公判が行われました。

2016年12月26日、東京地方裁判所は、当裁判を「期日間整理手続」に付する事を決定しました。

「期日間整理手続」で進行しているため、次回公判日程は未定です。
裁判の進捗状況や公判日程が解り次第、順次お知らせ致します。