12月24日、最高裁へ要請、署名提出

 最高裁へ無罪判決を求める要請を9名(感染症対応)で行いました。対応した書記官に「上告趣意書の学習会をやったら25人も参加した」「本件は、DNA型鑑定ではなくDNA定量検査が大事。DNA定量検査が研究者のあいだで確立された手法か?」「ワークシートを鉛筆書きするのは、大学生でもやらない。それを科捜研がするのかという怒りがある」「事実審を重視してほしい。裁判官は現場に足を運んで実際に見たり、無実の人の声を聞いてほしい。昔はやっていた」とそれぞれ思いを訴えました。

 要請と同時にこの間にみなさんからお寄せ頂いた署名1万186筆を提出しました。署名は累計で4万4千394筆となりました。来月以降も引き続き要請、提出を行いますので、ご協力をよろしくお願い致します。

 なお、弁護団は、上告趣意書に追加する補充書の作成を進めており、その第一弾を1月初旬にも提出するとの事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA