4月15日、差し戻し審で完全無罪を目指す決起集会を開催しました。 

 4月15日、18時半より北千住にて「乳腺外科医師えん罪事件 高裁の有罪判決は破棄!差し戻し審で、完全無罪を目指す決起集会」を開催し、会場とオンラインで約100名に参加頂きました。

 守る会呼びかけ人の八巻医師が「術後に仕事があるからと頼まれ、私たちはいつも以上に気をつかって手術をした。術後戻った病室は4人部屋で、隣のベッドとは薄いカーテンで仕切られているだけ。術後管理のためにベッドは一番高く、ベッド柵もあった。看護師も頻繁に出入りしており、患者の母親もすぐ脇にいた。その中で患者さんの胸を舐めるなどできようはずもないし、一審判決でもそのように言われている。外科医師本人や家族が辛い思いをし続けている。はっきりと無罪にするために、力を貸して欲しい」と開会のあいさつを述べました。

 弁護団から主任弁護人の高野隆弁護士が、最高裁判決に関して1時間ほど説明を行いました。高野弁護士は「最高裁判決は、有罪破棄だからせん妄の可能性があるという弁護側の言い分を認めたことは間違いない」と評価しつつも、「最高裁判決の中身を見ると楽観は許されない」と訴えました。

 最高裁の判決では「専門的知見等を踏まえ、本件定量検査に関する上記の疑問点を解明して本件定量検査の結果がどの程度の範囲で信頼し得る数値であるのかを明らかにするなどした上で、本件定量検査の結果を始めとする客観的証拠に照らし、改めてA の証言の信用性を判断させるため、本件を東京高等裁判所に差し戻すこととし、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する」と記述されています。高野弁護士はこれについて「DNA定量検査における、定量値の信頼度が認められるならば、有罪になる可能性もあるというのが差し戻しの意味」と指摘しました。そして「最高裁判決は検察に3 回目のチャンスを与えるということ。こんなことが許されるのか、というのが素朴な疑問だ。検察は膨大な予算があり、科捜研という全国組織の協力を得られる。一方、我々は一市民であり、皆様の支援によってここまでやってきたが、3 回も勝たないとえん罪から逃れられないというのがこの国の司法」と告発しました。

高野主任弁護士

 そして裁判で明らかになった科捜研の検査記録を改めて示しながら、「PCR検査の検量線やアミラーゼ検査の判定写真もなく、9 箇所も消した跡がある鉛筆書きのワークシートしかない。DNA抽出液、増幅曲線は廃棄されており、検査のプロセスが検証できない。ヒューマンエラーは避けられないはず。間違いがあることが問題なのではなく、間違いがあったかを検証できることが大事。こんな証拠でいいのか」と指摘するとともに「私どもはこの土俵で闘うことも必要だが、事件の本質はここにはないと思う。1.612ng/μℓのDNA量が正しいとしても『舐めた』ことを証明しない。弁護側の検証実験でも唾液の飛沫や触診により付着した可能性があることが示されている」と解説し、無罪を確定させるために奮闘するとともにさらなる支援を訴えました。

 最後に守る会の野田事務局から、当面のみなさんへ以下の4点、

1,高裁向けの新たな署名にご協力ください。

2,無罪を勝ち取るための、支援基金へご協力ください(DNA検証実験などをやるとなれば、かなりの費用が必要となるとともに外科医師と家族の生活を少しでも応援したい)。

3,外科医師を守る会への会員登録をお願いします。

4,事件内容や裁判争点を知ってもらい世論を広げるために、集会の開催や各種のあつまりでの訴えの場を設定してください。

 と引き続き、ご支援・ご協力のお願いをさせて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA